コミュニケーションをする仕組みをデザインする

ユーザーにとってはこのtalbyの応対が意外と気になるポイントだったようです。
掲示板にも○○と書いたら○○と返された。といった書き込みが数多く見られました。
こうした微妙な仕掛けはホームページの外のコミュニケーションを盛り上げるための
演出としても有効です。でもあまりこれ見よがしに盛り込んでは逆効果。
気付かなくても結構。でももし気づいたらちょっとうれしい。くらいの感覚で
用いるとバランスがいいようです。
行ってみれば放置しておいても実害のないバグ、くらいの位置づけでしょうか。

いくつかの例を挙げながら「コミュニケーションをする仕組みをデザインする」
ことについて説明してきました。
私は普段おおよそ今まで書いたようなポイントを踏まえながら
ホームページのデザインに取り組んでいるわけです。
ただ、ここで説明したのは、あくまでコミュニケーションと
その仕組みについての考え方の部分であって、今回は触れませんでしたが、
デザインという意味では、実はこれとは別に個々の表現についての考え方もあります。