携帯サイトの構築

ポイント

  • 携帯はPCと並ぶインターネットへのアクセス端末として普及している
  • 今後、より高速で表現豊かな携帯サイトが一般化する予定
  • サイト構築ではキャリアメーカ、端末ごとに異なる仕様に対応するのが大変
  • ASPサービスや携帯さいと構築パッケージによって制作効率を上げることも可能
  • 特殊な操作性を再現できるエミュレーターを使えばPC上で携帯サイトをテストできる

電気通信事業者協会が2005年に発表した数字によれば携帯電話によるインターネット端末の契約者がNTTどこも、au、ソフトバンク等を合計して、8700万人を超えたということだ。これはインターネットの白書が発表したPCあるいはPC+携帯によるネット人口約7000万人を凌駕する数字であり、日本のインターネットユーザーの多くが携帯によるものであることがわかる。一方で企業においてもマーケティング木t系のウェブサイト構築時に携帯向けサイトを視野に入れるケースが増えている。。特にBtoCマーケットでは鮮明だ。しかし、PC向けウェブサイトとは異なり、携帯電話会社ごとのサービスの違いやメーカー、機種による画面サイズや表示色数の違いなど、製作者は複雑な対応を迫られている現状もある。携帯電話向けのウェウサイトを制作場合は、PC向けウェブサイトの制作とは異なる様々な注意点があることを理解したい。携帯サイトの問題はまとめると次のようなものになる。

使用する言語、画像、画面サイズ、ブラウザのバージョンがバラバラ。

PCとはヒアクにならないくらい小さい画面と厳しい容量制限

ブラウザは携帯端末のROMに組み込まれているためバージョンアップされない、など、様々なサイト設計の制約がある。

こうしたキャリアやメーカーによるバリエーションいた王するための専用ソフト、ASPなども多く登場している。これらを使えばバリエーション居合わせて多種多様なファイルを用意しなくても済むから便利だ。

また、携帯の場合は、操作性が特殊だ。マウスがないため、キーによるスクロールになる。また、数字で メニューを選んだり、PCにはない特殊なボタンも多い。これを全種類、実機でテストするのがなかなか大変である。こうした動作検証ようにキャリアごとにPCで携帯での動作をシミュレーションできるエミュレータを配布している。また、携帯サイトの場合は、集客方法もPCと異なる。入力機能が弱いためにURLやメールアドレスなど長いテキストは入力が難しい。そのため、最近は空メールを送信sると登録されたり、QRコードをカメラで撮ると、自動的にリンクされたりする機能も多く使われるようになった。携帯は非常に変化やバージョンアッップが激しいため、対応が大変であるが、まだ今後の伸びが期待される市場なだけにノウハウを積んでおくことをお勧めする。