配色の共通性と対比のバランス

配色を行うときに、共通性と対比のバランスが重要でありますが、共通性と対比のバランスを考えたときに重要な要素 となるのが色の三属性である。作業を行うとき、イメージによって色 の三属性である色相、明度、彩度それぞれで共通させる部分と対比 させる部分を意図的につくり出すことで配色のバランスをとる。 色相のイメージ、が強いときには特定の色を決め、その色に近似ま たは類似した色を中心に配色を考える。色の性質が似ていると色 相のイメージは強調されるが、不明瞭な配色になることも多い。こうしたときはトーンに差をつけることで、色相のイメージを変えずに明確な 配色にすることができる。トーンは明度と彩度の関係によって決まる。 トーンに差をつけるには明度差を強調する、彩度を強調する、明度・ 彩度両方の差をつけるという3つの方法がある⑮。トーンのイメージ が強いときは、色相に差をつける。彩度が高いトーンでイメージが強 い場合には色みの度合いが高く、これに色相差をつけると対比が強 くなる。複数の色相を使って配色を行うと派手な印象の配色になる。 また、彩度が低くてトーンのイメージ、が強い配色の場合、類似する 色相で配色を行うと不明瞭で同一の色相に見えてしまうことがある。 これは色相の差を最大限に生かすことで、違いを明確にすることが できる。具体的には色数を増やすと、色みの少なさを補ってくれる。

配色の共通性と対比のバランス” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です