画像や写真

ホームページ作成で画像や写真はaltタグを使ってSEO的にもアピールしたほうがいいです。
デジタル力メラで撮ったおいしそうな料理の写真、画像編集ソフトを駆使して作ったアイコンや口ゴ。ページを彩るために、画像は欠かせ ない要素です。しかし、ロボッ卜は画像の中身、つまりどんな画像なのか、画像の中にどんな文字が書かれているかは認識できません。せっかく口ゴの画像にサイト名が書かれていも、単なるひとつの画像と見なされてはもったいありません。そこで画像を使う場合に、画像の内容を検索エンジンにアピールできるワザを紹介します。 それはaltタグを使うことです。画像のHTMLに、alt タグとキーワードを付記することで、検索エンジンにどういった画像なのかを伝えられます。
それぞれの画像にユニークなキーワードを
alt タグを使う際は、いくつかのポイントがあります。まずはそのページのメインとなるキーワードを記述することです。ナポリタンのページであればa l t タグ内にナポリタンと記述しましょう。 問題はここからです。たとえばナポリタンの作り方を伝えるために、 調理風景を撮影した画像を 1 ページに数枚掲載したと します。すべてナポリタンに関連しているからと、すべてに「ナポリタン」とだけ記 述すると、とたんに<alt> タクの効果が弱まってしまいます。画像の点 数によってはSEO スパムになってしまうこともあります。 このようなとき、パスタを茄でている画像であれば「ナポリタン 茄で方画像j、ソ ースを作っている画像であれば「ナポリタン ソース作り方画像」と記述しましょう。1 画像でアクセスを集める意図がなければ記述しなくてかまいません。長い文章をalt タグ に記 述しているページがよくありますが、これはわざわざキーワー ドの効果を弱めてしまっています。 基本的にキーワードを 1~3つほど、簡潔に記述するのがコツです。

おすすめのSEO業者は東京SEOメーカーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です