ホームページが表示される仕組み

みなさんが普段、パソコンやスマホを使って見ているホームページはインターネットの向こう側にあります。
ホームページを閲覧するために必要なデータは、インターネット上の「ウェブサーバー」と呼ばれるパソコンの中に置いであります。
そして、ホームページにアクセスすると、インターネット回線を通じてパソコンやスマホにホームページのデータがダウンロードされ、パソコンやスマホに入っているブラウザ(ホームページを閲覧するためのソフト)が、ダウンロードしたデータを画面に表示させます。
そのような手順を経て、私たちはホームページを関覧しているのです。
「サーバ ー」や「ドメイン」などの用語が出てきましたが、「専門用語は難しい」と恐れる必要はまったくありません。
知っている身近な言葉に置き換えてみると、「なんだ、そんなことだったのか」と感じることでしょう。

ホームページを作成するには、ホームペ ージの仕組みをある程度は知っておく必要がありますが、多くの方がここでつまずいてしまい、「何だか難しい・・・」と感じて挫折してしまいます。
その最たる原因は、インターネットを構成するいろんな概念や用語の意味を、わかりやすい例に置き換えて理解していくという手順を飛ばしたり、概念や用語よりもとにかく作ることを優先することにあると感じています。
何事にも順序があります。ホームページを作成するのも同じです。
まずは、みなさんが普段当たり前のように見ているホームページが、どのようにして表示されるのかをしっかりと学びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です