Web制作におけるプロジェクトマネジメントとは

ここではプロジェク卜の概念の解説と、Web制作の分業の観点からみたプロジェクトマネジメントの必要性について解説しようと思います。すべてのWeb制作はプロジェクトであり、 Webディレクターをはじめ、Web制作の「窓口」や「仕切り担当」を執り行なう人はプロジェクトマネジメントの考え方を取り入れ、仕事にあたることが望ましいと考えられます。
まずは仕事のしかたを「マネジメン卜」してみましょう。
ここでは「仕事の全体をとらえ、 与えられた条件をやりとげるため」のタスクを洗い出し、決めごとに基づいて管理(監理)し 進めていく一連の働きを「マネジメン卜」と定義するとしましょう。
マネジメン卜の概念は、仕事の規模の大小を問わず取り入れた方がよいと考えます。よく「神は細部に宿る」と言われるように、Webサイトの構成やデザインを作り込みがちだが、仕事の進め方自体にも計画性と目的を持って遂行しましょう 。個々の作業にはリスクや成長のヒントがあるものです。仕事で取り組むべきこと全体を府搬することで、目的と実際のギャップに気付くはずです。取り組んでいる仕事の規模が小さな仕事であれば効率的に消化していくために、大きな仕事であれば全体感をつかみ舵取りができるために、また発注者側の経営者がビジネスの目的を見失わないためにも、マネジメン卜の概念と手法を活用してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です