WEB制作「ホームページ」

現在では、WEBサイト、WEB、WEB情報などと呼ばれる、WEB制作は、インターネットが普及して間もない頃などには、「ホームページ」などと呼ばれていた時期がありました。「ホームページ」は、「HOME」という意味合いから、現在ではWEBサイトの一番最初の表紙となる、トップページを表わすような表現として捉えられています。1990年頃のインターネットの出はじめに、WEB制作された「ホームページ」は、現在のWEBサイトとは全く異なる様式で、使用性もデザイン性も現在のWEB情報から比較にならないほど、別物のメディアのようなスタイルでありました。現在では、通信速度やユーザーが使用するデバイス機器の向上により、より複雑なコンテンツのWEB制作が可能となり、ユーザビリティが高く、情報量の多く、デザイン性の高い、ハイクォリティなWEBサイトが当たり前の時代がやってきました。そのような背景のもと、WEB社会の中では、人々は出逢い、ショッピングを楽しみ、映画を鑑賞したり、教育の現場として学習し、ビジネスの商談を交わしたり、様々な人々のシチュエーションを生み出しています。当時、一般的な人々にとってのWEBとのファーストコンタクトは、「ホームページ」でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です