ブログを利用したサイト構築

ポイント

  • 手軽にコンテンツ更新できる技術として主に個人サイトで急速に広まってきている。
  • デザインをテンプレートとして持つので、HTMLの知識がなくても簡単に更新可能
  • 独自の機能であるトラックバックによってサイト同士が有機的なつながりを持つ
  • 運用コスト削減、SEO対策として企業サイトへの導入も徐々に始まりつつある
  • 標準のHTMLを採用しているため、ユーザービリティの観点からも優れている

アメリカで生まれたブログは、もともと個人のウェブサイトを構築するために公開された技術だ。ここ数年で爆発的にインターネットの利用者が増えた結果、今までPCとは無関係だったy-うざーも多くなた。そのようなコンピュータに不慣れなユーザーにとって敷居の高かったウェブサイトの解説を手軽に行えるツールとして登場したのが、話題のブログなのである。そういった要請を受けて誕生したブログは当然サイトの解説。更新の簡略化を実現している。具体的には、本文さえ書けば、あとはテンプレート上にコンテンツを入れて自動的にページを生成してくれ、表示の際には設定したデザインを実装した立派なウェブページが出来上がるのだ。また、ブログにはもう一つ、トラックバックという機能を持つ。これはいわゆる逆リンクとも呼ばれるもので、あるブログを参照元へのリンクが作成される。この機能により、ブログどうしが自動で結びついて様々なコミュニティが現在も増殖している。もともと個人サイトを対象として作られたブログだが、最近ではその様々な利点から一般商用サイトなどでも導入されつつある。

まずその優れた保守性である。HTMLの知識を持たないコンテンツ更新担当者でも簡単にコンテンツの更新が行えるということは運用コスト削減という観点から非常に大きな成果を期待できる。その上、ブログは標準のHTML

を採用しているため、検索ロボットに非常に理解されやすくなっている。また、トラックバック機能によってリンク数などが上昇しやすい性質を持っているので、合わせてサイトのSEOに対しても効果があるのだ。また、そのトラックバック機能を持つという側面からブログはマーケティングの分野からも注目されている。つまり、簡単いコミュニケーションできる機能がすでに備わっているため、企業のマーケティングツールとしての可能性が期待されてるのだ。トラックバックによって、例えばそれまでウェブ上に分散していた特定の製品に対する口コミ情報を企業担当者が容易に秋雨周できることも可能になるのである。

このように理想のツールのように見えるブログだが、決して万能なわけではない。ブログは頻繁な更新が予想される静的なページの制作には抜群の効果を発揮するが、ショッピングカートのような複雑な動的処理を伴うページの制作にはあまり向かない。ブログの特性を踏まえ、適切なページで採用して最大限の効果を引き出すことが重要になってくるだろう。

  • ビジネスサイトにおけるブログのメリット

更新作業の簡易化

サイト制作と同様、サイトの更新作業には通常、HTMLなどのコディングの知識やデザインおノウハウが必要とされる。しかし、ブログはスキンと呼ばれる表面デザインとテンプレート上に自動的にコンテンツを入れて自動的にページを生成してくれるため、クライアントの差意図運営スタッフでも気軽に更新作業ができるのが特徴。CMSとしても非常に優れていると言える。

・SEO対策

ブログはそれ自体がウェブ標準に準拠したCMSとなっており、検索ロボットが理解しやすい形で形成されている。さらにトラックバック機能による検索ロボットが重視する外的要因にも好影響を与えるため、検索エンジンからヒットされやすい状況を簡単に作ることができる

・ユーザービリティ対策、アクセシビリティ対策

前述の通り、ウェブ標準となっているため、サイトの読み上げなどアクセシビリティにも優れている。また、多くのブログサイトがスキンは異なっても、同じ操作性で見ることができるため、使い勝手の部分で迷うことが少ない。ただし、デフォルトで回送が2階層までしか持てないなどの課題もある。

・コスト咲く円、サイト制作時間の短縮

ブログですべてを構築するのは様々な制約で難しい面もあるが、一般的なページであれば、従来の制作方法に比べコストも安く、短納期で構築することができる。