ビジネスブログ

ポイント

  • 企業サイトにも飛び火したぶろぐはユーザーとの新しいコミュニケーション形態
  • 強力なSEO口コミ効果で費用対効果の高い情報発信が可能
  • プロモーションに行こうだが、質問やクレームへの迅速かつ適切な対応が大切
  • 社内における情報共有、ナレッジマネジメントの場としても有効
  • 低価格のサイトコンテンツの管理システムとしても浸透しつつある

個人サイト、日記サイトの構築プラットフォームとして一気に普及してきたブログだが、企業のコミュニケーションツール、企業サイト自体にブログを活用する動きが活発化している。そもそもブログはカテゴリとエントリという極端にシンプルな構造とすべての記事が日付管理されるため、非常に情報の共有性、蓄積性、検索性が高いという特徴がある。ブログのトラックバックやコメント、RSSといった特徴により、新製品の情報をブログで発信し、その使用感を得るというようなことが容易になる。これは従来のようにサイトやメルマガ人で情報発信しているだけでは難しかったコミュニケーションの形態だ。

ブログはSEOに優れ、情報の伝播性が高いため、プロモーションツールとs知恵の効果が期待できる。せいひにゃサービスの宣伝だけでなく社長や社員の生の声を日記風に綴るなど様々な形態が考えられる。ただしブログに書き込まれるトラックバクやコメントはネガティブなものもあるという前提でスタートしなければならない。特にネガティブな反応を放置したり、mししたりすると大きなアンチグループを作ってしまう可能性もある。こうしたユーザーの声に真摯に対応するように努力したい。

また、ブログの情報共有性の高さを利用して社内の情報交換、ナレッジを蓄積する場として活用する手もある。営業部からは売上日報、総務部からはお知らせ、マーケティング部からは販売促進の資料などをアップしておけば社内のどこからでも容易に置く敵の情報にアクセスすることが可能になる。専用のグループウェアやサーバ構築を行う場合に比べ、異常に安価でスピーディに構築することができる。

ブログ自体は企画課されたもので、情報の更新性に優れている。企業においては従来の融通の利かない高価なコンテンツマネジメントシステムに変わる安価でオープンなCMSとして活用が進んでいる。

また、ちょっと変わった活用法として簡易調査ツールとしてブログを扱うことも行われている。ブログは基本的に全文検索が可能である、ライブドアの未来検索、東京工業大学のblogwatcherなどブログに特化した検索エンジンを使えば、ブログの数だけでなく、キーワードの注目度などを出すこともできる。これを使えば、時間とコストをかけてアンケート調査を行わずとも簡単なユーザーの嗜好性は探ることができる。このようにブログは様々な活用方法が考えられる強力な口コミツールなのだ。