ECサイトを成功に導くためのステップ

ポイント

  • ECは勝ち組と負け組に二極化。成功のポイントは丁寧、親切、正直(信頼性)
  • 集客が最初の関門。宣伝費や工法、PR活動を入れたプロジェクト管理を
  • ECサイトトして運営ポリシーを詳細な部分まできちんと策定する
  • ショッピングに不可欠な機能を整備し、ユーザービリティに十分配慮を
  • アフターフォローがリピート客を作る。横着せずに親切、丁寧な対応を

2004年度に情報通信研究所の発表によれば、ネットによるショッピング経験者は91%で、年間平均15万円をネット経由で購入しているという。ECサイトの数も売り上げも右肩上がりでバイ塑像しているわけだが、実は成功して里う店とそうでない店は二極化しているという。大手ショッピングモールで平均売り上げが、月間30、40万円というところでも、実はそのバイ稼いでいる店とほとんど売り上げがない店とに分かれるという。

成功している店の共通点はネットで購入してもらうためにやりすぎともいうべき丁寧な解説がしてあり、メリット、デメリットなども正直に明記することで信頼性を高めている。顧客対応も親切で、購入客へのお礼メールや役立つ情報を定期亭に発信するなど、リピーター客の獲得に熱心。そうしたサイトポリシー移管してもきちんと明記するkとでユーザーは安心して購入することができる。

ユーザーに安心して購入してもらうためにはサイト自体の信頼性と決済や個人情報漏洩に関する情報セキュリティがしっかりしているかという2点に尽きる。前者はサイトの運営ポリシーやサイトに関する情報開示をきちんと行うことだ。これに関しては経済産業省で「特定商取引に関する法律に基づく表示」のガイドラインを公開しているので参考にするとよいだろう。また、サイト内に使用可能なクレジットカード会社やコンビニのアイコン、暗号化されていることを示すSSLのバナーなどを目立たせるのも手だ。

ECサイト構築はショッピングカート昨日、料金や消費税、送料などの自動計算昨日、支払い方法の選択や受注管理昨日、代金お決済昨日などを実装する必要がある。個別にゼロから構築すると数百万~数千万の投資が必要な場合もあるが、デザインなどが自由に変えられるショッピングパッケージやASpサービスを利用すれば、かなりコストを抑えられるだろう。無論、商品はあらゆるユーザーのニーズから検索可能で、目的の商品を効率よく提示できなければ商機を逃してしまう。ネットだけで商品購入を決定させるのであれば、商品の説明や画像の掲載も丁寧すぎるくらいやってちょうど良い。

ECサイトでは顧客対応のうまさがリピータ獲得に繋がるケースが少なくない。受発注時のお礼メール、商品発送の確認メール、購入後の情報提供やフォローメールなどonetoone的なメールでこまめにフォローすることでサイトのファンになってもらうのがポイントだ。こうしたメールを自動的に配信する機能もあるが、利用する場合は、大量の一斉同報であることがわからないように文面等には特に注意を払いたい。

・サイト構築

基本仕様は共通だが、ある程度のデザインカスタマイズは可能。モールが用意するテンプレートやサイト構造で作成するため自由度は低い。その分、政策の負荷は少ない。何も制限はなく、デザイン性や設計の自由度高い分、仕様設計などを入念に行う必要がある。

・サーバー

すべて自社ドメインで統一できる。コンテンツ部分とショッピング機能部分を別々のサーバーで運営可能。ショッピングモールのサーバーやドメインを仕様するのが基本。店ごとにサブドメインを使うケースが多い。すべて自社ドメインで乙いつできる。サーバー自体はホスティングなども利用可能。

・集客

自社で行う必要がある。ショッピングモール自体の集客力が活かせる上、様々な形で宣伝代行してくれる。自社で行う必要がある。

・商品管理

高機能、高性能な商品管理データベースが標準装備。

・受注システム国昨日、高性能な受注フォームやショッピングカートなどが標準装備。

・決済

カード、コンビニなど豊富な決済手段を代行可能

・受注管理

高度な受注管理と顧客の管理が可能

・コスト

初期導入費用や月次の運用費は最低限で済む。

  • 特定商取引に関する法律に基づく表示

・屋号またはサービス名と連絡先

ウェブショップの店舗名を表示し、その電話番号、メールアドレス、サイトのURLなど連絡先を明示する

・販売業者、販売責任者の名前及び所在地

販売に対する責任を持つ法人名や本店の所在地を表示する。

・資格、免許

扱い商品に販売資格を必要とする場合はその資格を表示。

・販売数量

販売数量の告知する

・引き渡し時期

後払いの場合は注文ん日和何日以内、前払いの場合は入金日和何日以内で発送できるかを表示する。地域、条件により期間が異なる場合は最長で何日以内かも表示する。

・商品代金以外の必要料金

商品代金以外にかかる料金をすべて表示しなければならない。特にクレジットカード決済の手数料は購入者負担にできないので注意。

・申し込みの有効期限

いつまで商品のお申し込みが有効なのかを表示する。また、品切れの場合の対応についても表示すること。

・お支払方法

代引き、銀行振込、郵便振込、郵便振込、クレジットカードなど、店舗で扱う支払い方法を表示する。

・お支払期限

後払いの支払いは納品より何日以内、前払いの場合は注文日より何日以内かを表示する。

・不良品、返品対応と返品期限、返品送料

納品日より何一以内だったら返品可能かを表示。食品など返品不可な商品も扱っている場合は、開封後返品不可など条件を幼児する。不良品の場合の交換や、返金の条件を表示する。また、買い手側と売り手側のどちらかが送料を負担するか表示する。