HTMLにおける色の指定

HTMLにおける色の指定

HTMLで色を指定するには、次の2つの方法があります。ただし、色の指定にはCSSの利用が推奨されています。

・「#rrggbb」(16進数で指定)

「#」に続けて、赤(r)、緑(g)、青(b)の値を00〜ffの16進数計6桁で表現します。例えば、黒を指定する場合には、「#000000」隣ます。基本的な16色については下記を参照してください。

・色名(色の名前で指定)

色名で直接指定します。大文字と小文字は区別されません。HTML4.01では基本的な16色が定義されています。基本的な16色については下記を参照してください。

Red #ff0000 fuchsia #ff00ff purple #800080 maroon #800000 navy #000080 blue #0000ff aqua #00ffff teal #008080 green #008000 lime #00ff00 olive #808000 yellow #ffff00 black #000000 gray #808080 silver #c0c0c0 white #ffffff

HTMLにおける長さの指定

HTMLで長さを指定するには、次の3つの方法があります。どの方法で指定できるのかは要素によって異なります。

・ピクセル数で指定

ピクセル数を単位として整数で指定します。

・パーセントで指定

基準とする水平方向あるいは垂直方向の長さに対する割合を「%」をつけた数値で指定します。

・比率で指定

ピクセル数や、パーセントのほかに「*」を利用した割合による指定ができます。これらが一度に指定された場合は、まず「ピクセル数」と「%」で「指定された分が確保され、その残りの分が「*」の前につけられた数字の割合で分配されます。例えば60ピクセルに対して「*,2*,3*」と指定した場合には、60ピクセルを6分割(1+2+3)して、それぞれ10、20、30ピクセルということになります。主にフレームを分割するときに利用される方法です。

なお、長さの指定は文書構造ではなく見栄えに関することなので、できる限りCSSを利用するようにしましょう。