ペイント系ソフトによる制作

ラスタ形式の画像をペイント系ソフトを使って補正、加工、編集する作業をレタッチと呼ぶ。

ヒストグラムとトーンカーブ

画像の濃淡を表す画素値の分布をグラフにしたものがヒストグラムで、一般的には横軸に画素値、縦軸に画素値の頻度が表示される。入力がその画素値と出力画像の画素値の濃度の関係をグラフで表したものがトーンカーブで一般的には横軸に入力画像、縦軸に出力画像の画素値が表示される。

・ヒストグラムとレベル補正

画像のヒストグラムを見ることで画像における明暗の差であるコントラストを正各区に理解できる。また、ヒストグラムを操作することでコントラストを整えることもできる。

一般にヒストグラムの左側は画像の最も暗い部分、右側は最も明るい部分を表す。理想的なヒストグラムとは、シャドウ側からヒストグラムの分布が広がっているものとされている。しかし実際にはここの画像の特性、画像の目的や用途などによって、ふさわしいヒストグラムは異なってくる。

一般にコントラストの低い画像ではヒストグラムの分布が狭い範囲に固まり、コントラストの高い画像ではその分布が広い範囲にわたる。また、カラー画像ではRGB各色についてそれぞれのヒストグラムがある。

まずハイライト側を調整して画像を明るくしている。次にシャドウ側を調整して画像にメリハリを与えている。最後に中間調を調整して、ハイライトとシャドウの中間部分にあたるやや暗いところを明るくしている。レベル補正をした結果ヒストグラムではシャドウ側からハイライト側までコントラストの分布が満遍なく広がっている。

・トーンによるレタッチ

トーンカーブをコントロールすることで画像にコントラスト効果や2値化の効果を与えたり、画像のホワイトばらんす調整を行える。

・コントラスト効果画像のコントラストを際立たせることで明瞭な印象を与えることができる。トーンカーブの中間をあげると中間調の濃度が上がり、トーンカーブの中間を下げると中間調の濃度が下がる。

トーンカーブをS字型にすると、元画像である入力画像の濃淡範囲に対して出力画像の濃淡範囲が広くなるのでコントラストが高くなる。

・ホワイトバランス調整

ホワイトバランス調整とは画像において本来は白、グレー、黒、という無彩色の部分に色味がかぶってしまっている場合に、カラーバランスを修正することである。RGBそれぞれのトーンカーブをコントロールすることで調整を行う。

・マスク合成

画像制作においてはレイヤと呼ばれる幾つかの画像を重ね合わせてそれぞれの画像どうしを演算処理し、最終的に一枚の画像を作り出す方法がよく用いられる。レイヤの利用方法の一つとして別々に撮影、制作した写真や画像の一部を重ね合わせ、あたかも一度に撮影したように見せるマスク合成という手法がある。

・レイヤ

レイヤの演算処理には乗算や明度差の演算をはじめとして多くの種類があり、上下のレイヤのピクセルどうしを演算した結果が表示される、また、演算処理とは別に上になるレイヤの透明度を設定することで背景となるレイヤが透過して表示される度合いを調整できる。レイヤを使うことで背景の上に複数の素材を組み合わせたり、再配置することがs自由に行えるまた、画像を組み合わせる時に複数の演算処理を組み合わせることもできる。

・マスク合成

複数の画像を合成する場合にはマスクを用いる。画像を重ね合わせた時に一方の画像の不必要な部分を隠す役割をするのがマスク画像である。マスク画像は特定の色相範囲やメイドレベルをもとに生成する手段が一般的であるが、手作業で必要なっ部分の輪郭を抽出して作ることもある。

なお、複数のレイヤを使って合成を行う時は演算の順番やレイヤの順番によって結果が異なるので、注意が必要である。また実際の制作にあたってはマスクの用意などの計画的な準備が必要となる。

 

  • フィルタ処理

ペイント系ソフトにはあらかじめ特定の画像処理機能が装備されており、このような機能をフィルタと呼ぶ。そしてフィルタによるレタッチをフィルタ処理とよぶ。

・アンシャープマスク

アンシャープマスクは元画像の輪郭のコントラストを高めるフィルタで画像をシャープにする効果がある。

・エンボス効果

エンボス効果のフィルタは、元画像から得られるネガ画像と、ポジ画像をずらして、加算することによって輪郭を抽出し、レリーフのような立体感を持つグレースケールの画像を作る。立体感は画像を盛り上げるか、あるいは押し下げることで出す。

・モザイク効果

モザイク効果のフィルタは画像を構成する画素の情報量を減らし、形を連想的に認知させる効果がある。モザイク効果では複数の画素からなる小さな正方形や長方形を一つお構成単位として同一の色で塗りつぶし、画像全体を再構成するもので、色の決定には構成単位内の平均値を用いる場合や構成単位内の一定の場所の画素の色を用いる場合などがある。

・ぼかし効果

ぼかし効果のフィルタは、それぞれの画素と周囲の画素の濃度差を小さくすることによって画像をぼかす、最も単純なぼかし方法を示したものである。

 

 

  • アンチエイリアシング

ラスタ形式の画像は格子状に並んだ画素により構成されているため、斜めの線がギザギザになってしまうジャギーが生じたり、細い線が分断されるなどの障害が生じる。これらの障害をエイリアシングといい、それを低減させる処理をアンチ英リングという。アンチエイリアシングの一般的な手法としては背景と図形の中間の明るさの画素を境界部分に配置する手法がある。