webサイトの目的とデザイン

webサイトの制作デザインにおいてはまずwebサイトの目的を明確にして次にそれをどのように表現するのかを決めなければならない。

webサイトのコンセプト

ウェブサイト制作のコンセプトが曖昧であったり、焦点が不明確であるような場合、ウェブサイトを見る人に伝えたい情報を的確に伝達することができない。また、ユーザー側の目的も考慮してユーザーが何を持って目的を達成できたと感じられるのかという木h等を想定する必要もある。

  • ウェブデザインとコミュニケーション

ウェブデザインにおいては、情報の提供方法とユーザーとのコミュニケーション方法が問題になる。情報を提供するには、情報を収集しなければならないのはもちろんであるが、収集した情報を整理、分類することにより情報を組織化、構造化していく作業が必要となる。これによりウェブサイトの構造やナビゲーションの方法などのデザインを決めることができる。また、提供する情報の資格かも重要なデザイン要素である。

ウェブサイトの構造やナビゲーションの方法などのデザインを決めることができる。また、提供する情報の資格かも重要なデザイン要素である。

ウェブでの情報提供では文字、グラフィックスサウンド、アニメーション、映像などによる多様な表現を行える。また、ウェウでのコミュニケーションではフォームによるメールやアンケート、掲示板、チャット、ブログなどたよ腕インタラクティブな展開が可能であり、ウェブデザインとはコミュニケーションのデザインでもある。

ウェブデザイン位おいては情報をウェブページ上でいかに表現するのかといったページデザインだけではなく、情報館のつながり方新居見をもたせ、一貫した流れとしてユーザーに提供するという視点も必要となる。このため、ウェブページどうしの連続性や関連性を表現する他mにはユーザーインターフェースのデザインやナビゲーションのデザインが重要となる。

このようにウェブデザインは円滑に情報を提供し、ユーザーとのコミュニケーションを成立させるための重要な役割を担っている。