URLとパス

●URLとURIについて

インターネット上の情報資源の所在を特定する仕組みを従来はURLと読んでいました。しかし、HTML4.01ではより広義のURIという用語が仕様されています。URLと同様にHTML文書・画像・ビデオクリップ・プログラムなどを特定できますが、URIのほうが普遍的で上位の概念であり、URLはこのURIのサブセットに位置付けられます。

●URLの構造 

http://www.〇〇〇〇.com

・スキーム

リソースにアクセスするための方法(プロトコルなど)を表します。代表的なスキームには「http」「https」「ftp」などがあります。

 ・ドメイン

リソースを取得するためにアクセスするコンピュータを表します。数字の場合もあります。

 ・パス

サーバー内のリソースの所在を表します。

つまり上の例は、「○○のwwwサーバー内にある『product』フォルダの中のindex.htmlファイル」を示しています。

●絶対パスと相対パス

webページにリンクを設定したり、画像などを追加するには、リンク先のHTMLファイルや画像ファイルの位置を正確に記述する必要があります。この記述方法には次に示すような「絶対URL」と「相対URL」の2通りの方法があります。

・絶対URL

あるファイルの位置を一番下になる位置から階層構造を順番に辿って記述する方法で、「http://」で始まり

ます。主にほかのwebサイトにあるファイルを指定するときに使います。

・相対URL

あるファイルの位置を基準とするファイルから見てどこにあるか、「相対的」に記述する方法です、主に自分おWEBサイト内のファイルを指定するときに使います。

相対URLではフォルダを移動するごとに「/」と「..」を利用してファイルの位置関係を表します。

同じフォルダ内にあるファイルを指定する場合

ファイル名

同じフォルダ中の下位フォルダにあるファイルを指定する場合

下位フォルダ名/ ファイル名

別フォルダにあるファイルを指定する場合

../同位フォルダ名/下位フォルダ名/ファイル名

../同位フォルダ名/ファイル名

../同位ファイル名