ウェブページの表現手法

ウェブページはHTMLというマークアップ言語を使って記述する。ウェブページに動きの表現やコミュニケーション機能を持たせるためにはJavaScriptなどのスクリプト言語やFlashを利用することもできる。

  • HTMLによるウェブページの制作

HTMLではタグと呼ばれるコマンドを利用して、文字や画像の表示方法などを設定する。

  • ウェブページで動きを表現する

ウェブページで動きを表現するためには、アニメーションがよく利用される。もっとも簡単なアニメーションがGIFアニメーションで、一つのGIFファイルに服すの画像を保存しておくことによって、アニメーション表示を行える。2フレームアニメーションは、2つの画像を交互に表示するもので、それぞれの表示時間や点滅のスピードを変えるなどの演出も行える。

JavaScriptやFlashを利用すれば、さらに高度なアニメーション表示やポップアップメニューなどを表現できる。マウスでアイコンをクリックすると、アイコンが変形したり点滅したりする手法もよく使われる。

また、インターネット接続のブロードバンド化が普及した現在、大手のオイータルサイトやコーポレートサイトでは映像やサウンドも日常的にしかも、ユーザーに不快感を与えないさりげない表現で利用されるようになってきている。

  • コミュニケーション機能の実現

フォームによるメールやアンケート、掲示板、ブログなどもウェブサイトに必須の要素である。ブログにおいては自分のブログから相手のブログにリンクを貼るような操作など、新たなコミュニケーションも展開されている。最近ではウェブサイトの中にブログを組み込むことによって、よりインタラクティブなコミュニケーションも実現されている。

  • ウェブサイトの簡易制作

近年ではウェブ上で簡易にウェブサイト政策を行えるシステムも普及している。デザイン面での制約は多いものの、ウェブサイトとしての様々な機能も用意されている。

ブログの普及も無料の部6制作サービスによるところが大きい。