ウェブサイトの種類

様々なウェブサイトのコンセプト、ウェブサイト構造、ナビゲーション方法、ページデザインの手法などを理解しておくことは、個人でウェブサイトを制作する時にも参考になる。

1、ウェブサイトの種類と表現

ウェブサイトには様々な種類があり、それぞれのコンセプトに応じたウェブサイト構造、ページデザイン、ナビゲーションなどが施されている。

  • ポータルサイト

ポータルとは、もんや入口のことであり、ポータルサイトは膨大な数のウェブサイトへの玄関としての役割を果たすウェブサイトである。同時に多くのポータルサイトは、ニュースや天気、エンタテインメント、株価などの情報、あるいは地図や路線検索、辞書、検索機能、オークションなどといった幅広いサービスも提供している。

各種サービスはポータルサイト自身で提供している場合もあれば、提携サイトやテナントなどによって提供される場合もある。ポータルサイトにはヤフージャパンや、グーグルなどの検索サイトから出発したサイト、あるいは、@niftyやbiglobeなどのプロバイダが運営するサイトなどがあり、最近ではよりユーザーと密接な関係を持つサービスの提供が競われている。また、特定分野の情報提供を行うポータルサイトのことを、パーティカルポータルと呼ぶ。

ポータルサイトにおいては、多くのユーザーに好感を持たれるデザイン、わかりやすく使いやすい構造と、ナビゲーションが重要視される。

  • 検索サイト

インターネット上の目的のページを検索できるサイトのことを検索サイトまたは検索エンジンと呼ぶ。

検索方法にはロボット型とディレクトリ型の2種類ある。ロボット型はクローラと呼ばれる検索ロボットプログラムがウェブページを巡回しながらデータベース化したデータ化したデータを対象に検索が実行される。ディレクトリ型は人の手によって細かくカテゴリ分けされたリンク集となっている。

多くのポータルサイトが検索機能を備えているのと同時に、代表的な検索サイトもポータルサイトかしているのが現状である。もちろん特定分野に特化した検索サイトも多い。

多くのポータルサイトや検索サイトは広告収入が売り上げの大きな割合を占めており、より多くのユーザーを獲得することでより多くの広告収入を得られるのが一般的である。そのため、大手のポータルサイトや検索サイトはより一層のユーザー獲得を図るためにコンテンツの充実はもちろん、ユーザーによるウェブページのカスタマイズ機能やウェブブラウザの機能を拡張するサイト独自のツールバー、ユーザー同士のコミュニケションを可能にする独自のコミュニケーションツール、あるいは、グーグルアースなどに代表される独自アプリケーションなどを提供している。

なお、個人や企業のウェブサイトを検索サイトによる検索結果の上位に表示するための手法をSEOという。

  • ECサイト

ECとは、広義にはネットワークを通じたデータの送受信によって決済や契約を行うことを指すが、ECサイトとは、インターネット上で電子商取引を行うウェブサイト全般を指す。

通常取引形態により企業間取引、企業・消費者間取引、消費者間取引の3タイプに分けられる。インターネット上のECはそのほとんどがB to B で占められているが、一般ユーザーにとってはオンラインショッピングなどとも呼ばれるB to C、あるいはオークションなどのC to Cも浸透している。

Amazonのような大規模なショッピングサイトでは、書籍、CDやDVD、ゲーム、家電などが扱われている。また、楽天市場のようなモールの集合型サイトもあり、もちろん、メーカーが自社の製品をウェブ上で直接販売しているものもある。

ECサイトではユーザーの個人情報の保護、ユーザー管理、データベース管理などが特に重要となる。B to Bサイトであれば見た目のデザイン性よりも機能性が重視されるケースが多いが、B to Cito

では機能性はもちろん、商品に合ったデザイン性やウェブ3Dなどによる商品の多角的な視認性なども重要になる。また、過去の購買履歴を参照できたり、関連商品の表示など、付加価値的なサービスも求められるようになってきている。

  • コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、企業が主体となり、その企業の情報を扱うウェブサイトのことである。企業の表層的な情報にとどまる会社案内的なものはもとより、消費者、就職希望者、投資家などその企業と接点を持つ多様なユーザーに対する情報を広く扱う大規模なサイトもある。コーポレートサイトはユーザーとのコミュニケーションを実現する場所でもあり、あらゆるユーザーの要求に応えるためにはその企業に関する情報を網羅的に扱うべきであり、さらには宣伝、企画という指向性も必要となる。

大規模なコーポレートサイトでは大量の情報を提供する必要があり、これによりサイト構造が複雑化してしまうと、ユーザーが必要とする情報になかなか到達できないことになってしまう。従って、簡素でわかりやすいメニューや的確なナビゲーション、サイトマップの提供などが必要となる。また、企業本来の営利活動のほか、社会や環境などへの様々な取り組みに関する情報も合わせて扱う必要があると考えられている。さらに、ユーザーサポートに関する情報を扱うことも大切な役割とされている。

  • キャンペーンサイト

新商品の宣伝や新作映画の公開、大規模なスポーツ大会の応援キャンペ0んなどに当たって、一時的に設けられるサイトがキャンペ0んサイトである。コーポレートサイト内に特設されることもあれば、複数企業によるコンテストなどの場合など独立したサイトとして設立されることもある。

新商品や新作映画のキャンペーンサイトでは新鮮さや斬新さ、話題性などを訴える必要もあるため、デザイン性や芸術性も求められる。多くのページや複雑な構造を持つ必要はないが、ユーザーとのコミュニケーションの場が設けられることも少なくない。

  • コミュニティサイト

趣味や求める情報の方向性が類似するユーザーが一定規模集まるか、逆に一定規模集まったユーザーに嗜好の類似性を与えるなどして、情報交換や議論を行える仕組みを提供するウェブサイトのことをコミュニティサイトとよぶ。ヤフー掲示板やMSNのコミュニティ2ちゃんねるのような掲示板の集合体はコミュニティサイトの代表的なものである。

また、同じ趣向、趣味、仕事などを持つ人々の繋がりを構築するサービスのことをソーシャルネットワーキングサービスとよぶ。

  • ブログ

ブログとは、個人による日記やニュースサイトなどの総称である。

日記形式あるいは日記間買うで手軽に情報発信を行えることや個人のブログ作成を無料で提供しているウェブサイトも多いことなどから近年では膨大なブログが存在すると同時にブログ間でのコミュニケーションも盛んになっている。

最近ではCMS機能を利用することによって、ウェブサウトに対して誰でも自由に新規ページの制作や既存ページの編集、ファイルのアップロードなどの操作を行えるサイトも登場している。これはウェブにおける多様なコミュニケーションの可能性を示しているとも言える。